ぐだぐだ日記

社会問題から果てはゲームプレイ日記まで様々なジャンルについて語る日記です。

efを見てみた。(アニメ感想)

efシリーズ見ました。もう10年前?くらいのアニメで絵柄も古く、今のアニメ絵と比べると目が大きいですね。私は気になりませんでしたがこの絵柄を嫌う人は多いようです。絵がダメと言ってこの作品を見ないというのはもったいないと思います。この作品を通じて自分の人生を振り返って見るといかがでしょうか?

 

 

 

 

 

efとの出会いは五年前くらいで、私がニコニコ動画でefのop比較動画を見たことがきっかけでした。そこから興味を持ち始めていろいろ調べたりしてストーリーや結末などは知ったのですがアニメ本編視聴はなかなか出来ず、今日の日まで至るわけです。見終わった今思うと五年前に見るのと今見るのとではおそらく感動の大きさは違ったのだろうと思います。5年前の社会に属さず、ニコ厨のクソガキ時代に見るのと社会に不適合者でありながら精一杯生きている今見るのとでは大きく違うでしょう。

人生に疲れ何か見失った今見るからこそ価値が大きく感じられるのだと思います。

アニメは見る側次第で感じ方も変わります。ですから私の意見は一つの感じ方として捉えてください。

 

 

ef一期について。

 

 

efの一期は3ペアの男女の恋物語ですが恋愛には壁が付き物です。その障害をどう乗り越えるかそのためにどうすればいいのかが物語の一つの根元でありこの作品の伝えたい事でもあります。人生の選択、自分の気持ちを理解すること、相手への依存、自分の地位、他者への思いやり、そして収束していく過程がまた美しい。雨宮優子という導き手の存在。この作品の魅力の一つとして演出があります。ほかのアニメでは見ない演出。シャフトならではの演出ですね。opの変化は本当に見ていて素晴らしい。本編とリンクして変化する様は鳥肌がたちますね。edもそれぞれで用意されていて私はみやこのedが一番好きですね。みやこが一番人気があるのかな?あの時代のヒロイン感半端ない。

色や音といった感覚から私たちに感動を与える演出はシャフト作品の中で最高傑作といっても過言ではないかと。。。。

 

二期の感想は明日で。おやすみ