ぐだぐだ日記

社会問題から果てはゲームプレイ日記まで様々なジャンルについて語る日記です。

2025年は厄年!?就職氷河期や今までの価値観の崩壊

どーも。お久しぶりです。

今回はメモ帳みたいな感じです。ぼくが勝手に未来を予想してみました。未来の人は答え合わせしてね。

 

まず、この国のことから。

先日、輪るピングドラムというアニメを見ました。とても良いアニメです。1995年がテーマの一つで90年代の失敗を受け入れられないこの社会に対してのテーゼが伝わりました。

この国は失敗を受け入れられない、認めない国だと思います。なぜ失われた30年が続くのか、デフレから脱却できないのか、経済成長しないのか。やはりそれは日銀がバブル崩壊後の政策が失敗したのを認めないから。この国は失敗を認めません。私は失敗することは悪いこととは思いません。失敗することにより人は成長するのだと思います。しかし、成長するには失敗を受け入れ次をどうするか、これを理解してなければ失敗してまた失敗してまた失敗する。スパイラルに落ちます。

この国は失敗を繰り返し、抱える難題を次の世代へと擦り付けてます。団塊世代はもう自分たちの未来が見えるあとわずかなことを装いに若い世代に任せっきりで、わがままで、老害で、自分たちはーとかほざいてやがって…

この老害はあと10年、20年は呪いとして存在し続けます。

上の世代が使えない!では下の世代は?

下の世代はこの国の未来を諦めてます。というかツケを払わせられる世代なのに自分たちのことで精一杯。なんとかなるだろうの精神。

有能な人は海外に行きます。この国の未来を変えたいという必死な人は本当に少ない。いや、いるといえばいるのですがそれでもやはり…

沈みかけの船に乗っている私たち。

どうすればいいか?

私は個人主義の時代が来ると思います。個人の力が強くなり会社や国よりも強くなります。

今までは会社や国に所属して生きてきましたがそれが自分の力、他人の力を助け合いながら個人同士で生きていく。ライフをシェアリングするという感じでしょうか?

例えば、youtuberという職業は個人経営です。事務所に入ってたりもしますが個人でやる人も多くいます。

ヒカキンなんてそこいらの中小企業より売上を出しているでしょう。

個人が会社を超えてるわけです。

つまりいかに個人が強くなるかによって人は会社や国に依存しない生き方ができます。

俺たちは強くならなきゃいけない。強くなって生きていく。

好きなことで生きていく→強くなって生きていく。

ブラック企業に入って奴隷として生きている現代の皆さん。強くなりましよう。

それと今私たちが強くならなきゃいけないのはあと数年で大恐慌が起こるそんな気がします。

まずオリンピック後の不景気。これは避けられません。またアメリカと中国の貿易戦争。これがいつまで続くかにもよります。

また就職氷河期が遅くても2025年までには、いや2030年の間には起こる気がします。

新たな価値観を受け入れるか受け入れられないかでこの先変わります。

国は弱者を助けてくれません。それは90年代や、震災の時を思い出してください。

誰も助けてくれません。

誰も。

今、自民党政権は失策を繰り返してます。もしかしたら2022年あたりには政権交代もありえるかもしれません。

そうなった場合さらに雲行きは怪しいです。

私たちはどう生きるか、いつまでも異世界転生など逃げてばかりではツケが回ってきます。それに対してどう乗り越えるか、2030年、2025年、これらの特異点

私は恐ろしいです。