ぐだぐだ日記

社会問題から果てはゲームプレイ日記まで様々なジャンルについて語る日記です。

脱近代

自己犠牲の世の中から自己実現の世の中へ。先日オランダで年の残業時間は200→400時間になるということでデモが起きました。フランスでま増税でデモがありましたね。黄色いベストを着た。その影響もあると思います。

Twitterでは日本の残業時間と比べられてました。日本では720時間まで残業ができるとのこと。はっきり見て異常。だが理由を考えてみましょう。

私が出した結論は残業720時間働かないと高い水準を維持できない産業があるから。

例えば医者

風邪をひいて病院に当日行くとして、まず受付をしてあとは遅くても数時間くらいまてばその日に受診できますよね?

海外では完全予約制で2週間先とかになるのが当たり前です。風邪ひいて病院行くのが2週間とかそれまでに治ってしまいますよね

なぜ日本ではこれができるのか。それは医者が残業までして日本の医療を高水準に維持しているからだと思います。

そう、これが自己犠牲の社会。日本は昭和、平成いやもっと昔から自己犠牲の価値観で成り立ってきました。

戦後復興、高度経済成長などで社会のためにと多くの労働者が歯車となり日本のためにと費やしてきた。

残業720時間はこの名残でしょう。いや呪いと言うべきか。

しかし、脱近代化が唱えられるこの時代。

グローバル化、インターネットの発達により、他国の文化が入り、価値観も変わって

自己犠牲から自己実現に移り変わってきてます。

自己実現自己啓発、自分探しといろんな言葉がありますね。どれも一緒です。

 

この変化に日本はついていけえるのか?

自己犠牲により日本は維持できてました。しかし、今日本のためにと人生を犠牲にできる人はどのくらいいるのでしょうか?

若者では少ないと思います。

多くの人が自分の道を見失ってます。だから自己啓発本が売れたり、自分のままに生きてる人たちが注目を浴びたりするのでしょう。

例えば話題になったパワハラ問題、横綱の暴力騒動も自己犠牲社会の問題です。

ラグビー部のあれも監督が自己犠牲の考え方を持っていたから、教育されていたから起きた問題です。

チームのためにお前が犠牲になれと。

貴乃花も相撲のために、横綱のために犠牲になれ。

ブラック企業も会社のために犠牲になれ。

増税も国の未来のために犠牲になれと?

みんなこれに不満を抱いている。これは自己犠牲の考え方が崩壊して自己実現を目指すものになったからと私は考えます。

しかし、社会は自己犠牲で成り立っているこの矛盾。

多くの人は気づいてるのに誰も指摘できない、行動できない。国も直さない。

この国ってもうダメなんじゃね?

 

個人の時代がやってくる。

俺たちは強くなれる。犠牲になるな

今ここで変わろう。

人生は今の連続。

昨日は前世で明日は来世。