ぐだぐだ日記

社会問題から果てはゲームプレイ日記まで様々なジャンルについて語る日記です。

アゼルバイジャンで23歳のモデルが自分の処女オークションに出品 240万ユーロ(約3億円)で東京の政治家が落札

f:id:gudaguda242:20190226201358j:image

https://jp.sputniknews.com/amp/life/201902255965505/?fbclid=IwAR0DkF09VsLQSDIirqW3igVRLD2w1bMMTBwiPcfjAD7pQGACrqDDra-KLr4&

 

ちなみにこの記事の元ネタはdairy mail

f:id:gudaguda242:20190226202207p:image

https://www.dailymail.co.uk/femail/article-6733357/Cinderella-Escorts-model-Mahbuba-Mammadzada-sells-virginity-politician.html

 

ちなみにこのメディアはウィキペディアから引用を禁止されたほどの信憑性のないメディアらしくフェイクニュースなどが流れて当たり前の大衆紙らしいです。

はっきり言って怪しいです。虚構新聞だと思って良いのではないでしょうか。

 

しかし、我が国のTwitterの反応は???

 

「そのお金って税金…?」

 

「日本の恥」

 

「キモイ日本人世界に発信」

 

まぁ当然の反応といえばそう。

 

しかし、元記事の信憑性などを考慮せずにただ情報に流れる様はさすがTwitter

フェイクニュース溢れるこの世の中でいかに見分けていくかそこは今後のネット生活で一番大切だと思います。

 

ちなみにこのオークションの競りで二番目に高く払った人はイギリスの弁護士だそうです。三位はサッカー選手。

弁護士の方がかなりやばくないか???

 

それとdairy mail のコメントを見てみましたが、日本があーだこーだと書かれてたコメントは特に見当たらず、彼女のことや彼女の親についてのコメント、200万ユーロという大金やフェミニズムについてのコメントが見られました。

 

この三億円事件から見て日本人のフェイクニュースの耐性の無さと海外反応を気にしがちな体質がよく見受けられます。元記事くらい見ましょう。