ぐだぐだ日記

社会問題から果てはゲームプレイ日記まで様々なジャンルについて語る日記です。

遊戯王の作者が政権批判! 

 

f:id:gudaguda242:20190716162018j:image

漫画やアニメ、ゲームなどで人気の「遊戯王」の作者高橋和希さんの制作スタジオ、スタジオダイスのインスタグラムとして知られる「studio_dice」アカウントで公開した、選挙に関係するイラストと文章の内容が注目を集め、賛否の声があがっている。

   キャラクターが「日本て住みづらくなっちゃった」と発言している場面もあり、「政権批判」と受け止めた人からは、「遊戯に政治的な発言をさせないで欲しかったな」といった意見がネット上で出ている。一方、「何が悪いんだ?」と擁護する書き込みもある。このインスタでは該当投稿の翌日、「なにやらお騒がせしております。いろいろ意見を頂き、キャラクターに政治的表現をさせてしまった事、ファンの皆様に深くお詫び申し上げます」とのコメントを掲載した。

 

政治批判は表現規制になるのか?

またキャラクターに言わせることがアリなのか?

 

普段反規制を掲げているオタクにとっては『パヨク』だのなんだの言わずにこれも受け入れるべきではないのだろうか。

 

そもそも政治ツイートしようが何しようか我々には有権者として政治に参加する権利がある。

政治について語ってはいけないという風潮がどんどん強まるから独裁だのなんだの言われるのである。

また政治について言わなければ現政権がどんどん強まるだけである。

今回の先生の発言はこのような空気感の中で勇気ある行動として他の著名人たちも見習うべきである。

生活から政治が離れていってる中で大変意味のある行動として私は前向きに受け取った。

 

 

それとキャラクターに言わせるな!ということだがそれは間違っていると思う。

その人が生み出したキャラなのだからその人のイデオロギーや信仰というものは現れて当然である。

 

富野のシャアや庵野エヴァのキャラなど人気のキャラクターにも原作者の考えというのは持っているものである。作者からキャラが離れてしまい暴走することはよくあることだが。。。

 

またキャラに言わせるということで関心は高まる。

個人的にブラマジが暗黒次元とかいってるのは面白かった。